グルコースという物質の一部である水酸基がアミノ基という物質に置換されたことで発生したアミノ糖という物質の一種のことをグルコサミンと言います。

食生活をシンプルにするサプリの力

グルコサミンとサプリメント

昔の日本では、そこまで関心が高くなく、また、重要な物という認識が低い傾向にありましたが近年では、日本人の肥満率の上昇やファーストフード店などの発展による偏った食生活などが原因で、見直されていて、私達の生活の中でも重要なものになっているのが「健康食品」というものです。
この健康食品には、サプリメントなども含まれています。
特に、このサプリメントというものは、様々な種類があり、テレビショッピングなどの通販で販売されていたり、直接店頭にならんでいたりと、私達が生活している中で、最低でも一日一回は目にするのではないかと思います。
そんなサプリメントの成分になることも多く、また、知名度も高いものの中に「グルコサミン」という物質があります。
このグルコサミンは、「グルコース」という物質の一部である「水酸基」が「アミノ基」という物質に置換されたことで発生した「アミノ糖」という物質の一種になっています。
このグルコサミンは、動物においては、アミノ基が「アセチル化」という現象によって「N-アセチルグルコサミン」という形になって、糖タンパク質やヒアルロン酸などの成分になっていると言われています。
このヒアルロン酸は、保湿物質としてであったり、軟骨のようなクッション作用を持つ組織の成分になっているため、重要であるとされていて、そのヒアルロン酸の成分になっているグルコサミンも同様に重要な物質であると言えると思います。
また、このグルコサミンは、自然界ではカニやエビなどの甲殻類に存在するキチン質というものの主要成分として大量に存在していると言われています。
また、このグルコサミンは健康食品やサプリメントにおいては、単一成分あるいはコンドロイチンという物質との混合物として販売されることが多いと言われています。
また、このグルコサミンを配合した健康食品やサプリメントは、経口摂取の場合において、「変形性膝関節症」という疾病に関する効果が「医学的に効果がある」と主張する論文と「医学的な効果がない」と主張する論文という相反する意見がどちらも正式に発表されているため、どちらが正しいかという議論が続いているようです。
また、このグルコサミンという物質は、「クマリン血液凝固阻止剤」という薬を使用している者が摂取すると健康面でリスクが生じる可能性があると言われています。
それは、このクマリン血液凝固阻止剤とグルコサミンを同時に摂取することで、血液凝固阻止作用が異常に強まってしまうというリスクであり、どんなものでも強すぎるものというのは人体に対して悪影響を及ぼす危険性があります。
このため、これらのサプリメントなどを使用する場合は、自分の体の状況やどのように作用するものであるかというのを事前に調べてから使用する方が安全であると言えると思います。

■注目の情報

Copyright (C)2017食生活をシンプルにするサプリの力.All rights reserved.