サプリメントというものに対して「ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸のいずれかを含んでいて、通常の食事を補うことを目的としたあらゆる製品」という定義をしたものを栄養補助食

食生活をシンプルにするサプリの力

アメリカでの教育法について

このサプリメントという言葉は、元々はアメリカ合衆国の食品区分の一種であるダイエタリー・サプリメントという言葉の訳語であると言われています。
そして、アメリカでは日本以上に栄養補助食品であり、健康補助食品であるサプリメントが重要視されています。
それには明確な理由があります。
アメリカでは、医療保険制度というものが日本とは異なっていて、病気になってしまった場合、日本と比べて医療費が高額になってしまうため、日頃から健康を維持しようとする傾向にあり、日本に比べてより重要視されています。
そのため、薬よりも安値である場合が多いサプリメントが幅広く普及するようになりました。
また、アメリカでは「健康の自由運動」というものが活発に行われています。
この健康の自由運動とは、食品の効能の表示の自由やサプリメントなどの使用の自由を健康を維持するために求める運動であり、アメリカで盛んに行われています。
また、アメリカでは1910年代にビタミンが発見されて、そのあとにサプリメントという形で消費されるようになりました。
1994年には、アメリカの連邦政府によって「栄養補助食品健康教育法」というものが可決されました。
この栄養補助食品健康教育法は、DSHEA、ディーシェイという略称で呼ばれていて、サプリメントというものに対して「ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸のいずれかを含んでいて、通常の食事を補うことを目的としたあらゆる製品」という定義をして、サプリメントに一目で判別出来るわかりやすいラベル表示をすることを義務付けました。
日本では、サプリメントは主に食品の一種として認識されていますがアメリカでは、このサプリメントを食品や医薬品などとは異なるカテゴリーの物であるとされています。
一般的には、サプリメントは医薬品などの治験による効果の証明や科学的根拠があるものとは異なっているため、病気を治療することが出来るという主張をすることは出来ません。
ですがこのDSHEAの場合は、科学的根拠がなくても何らかの証拠あれば効能を表示することが出来るようになっています。
また、このサプリメントには、品質基準を維持しなければならないという義務もないため、医薬品に比べて製品の品質のばらつきも許容されています。
このため、効果を連想出来るような表現をする必要があります。
このように、アメリカと日本とでは、このサプリメントに対する基準も分類も重要性もまったく違うものであると言えると思います。
しかし、日本でも食生活の偏りによる栄養の偏りが問題になっているため、今後ますます注目を集めるようになるのではないかと思います。

■注目の情報

Copyright (C)2017食生活をシンプルにするサプリの力.All rights reserved.