ビタミンCは、不足してしまうと壊血病などの病気が発症してしまう可能性があり、過剰に摂取しても腎不全などを発症してしまう可能性があるため、適量である推奨量を摂取する必要があ

食生活をシンプルにするサプリの力

ビタミンCについて

私達人間の人体には、必要というよりは必須であると言われている成分が複数存在しています。
その中でも摂取量が足りないと様々な欠乏症などの弊害を引き起こしてしまう可能性が高いのが「ビタミン」というものです。
中でも「ビタミンC」は、特に重要であるとされていて、数多く存在しているビタミンの中でもかなり有名な部類であるとされています。
このビタミンCは、「水溶性ビタミン」の一種であり、人体の活動において様々な器官などで重要な役割を果たしています。
また、このビタミンCは成人に必要な摂取量が1日あたり約100mgであるとされていて、それは「推奨量」と呼ばれていて、この数値を下回ってしまうと「各種欠乏症」が発症してしまう可能性があります。
このビタミンCは、人体では合成することが出来ないため、食事による摂取によってのみ補給することが出来ます。
しかし、一般的に多くの動物は体内でこのビタミンCという物質は合成することが出来る物質であるため、必ずしも外部から摂取する必要はありません。
体内でこのビタミンCを合成出来ないのは、人間などのサル目の一部やモルモットのみであると言われています。
先ほどから欠乏症と言っていますがビタミンCが不足しているとどのようなことが起こる可能性があるのかというと、ビタミンCを摂取せずに、人体のビタミンC蓄積総量が一定値を下回ると、出血性の障害をもたらす「壊血病」を発症すると言われています。
また、壊血病にならなくても老化の進行が早まったり、最悪の場合死に至ることもあるという研究結果が発表されています。
このように、不足してしまうと大変危険であるビタミンCという物質ですがこれは、過剰摂取になってしまった場合にもいろいろと問題が発生してしまう可能性があります。
過剰摂取が続いてしまうと、下痢などの症状が発生して、酷い場合は腎不全が発症する可能性もあると言われています。
また、尿路結石の発生にも繋がってしまうとされていますがこれに対する明確な根拠は存在していないようです。
しかし、既に腎不全を患っている人がビタミンCを大量摂取すると更なる疾病の発生や腎不全の悪化などが起こるというのが実例を持って証明されているため、ビタミンCの過剰摂取にも注意が必要であると言えると思います。
このように、人体にとっては不足も過剰も危険が伴ってしまうため、適量を維持する必要があります。
また、人体の体内ではビタミンCを合成出来ないため、食事による摂取に限定されてしまいます。
しかし、一般的な食生活では不足しがちであるビタミンCを補うために販売されているのがビタミンCのサプリメントです。
このビタミンCは、壊血病の予防や傷の治癒を始めとする様々な治癒や風邪やインフルエンザなどの予防や症状の改善にも役立つ上に、鉄分やカルシウムなどのミネラルの吸収促進などの効果もあるため、人体にとって非常に重要な成分であると言えると思います。

■注目の情報

Copyright (C)2017食生活をシンプルにするサプリの力.All rights reserved.