オルニチンは、アミノ酸の一種であり、アルギニンと共にサプリメントに配合されることが多くなっています。また、このオルニチンは成長ホルモンにも深い関わりがあるため、不足や過剰

食生活をシンプルにするサプリの力

オルニチンと成長ホルモン

人間が必要とする成分の中でも重要なものの中に、「アミノ酸」という物質があります。
このアミノ酸は、様々な種類のものが存在していますがその中の一つに「オルニチン」という種類があります。
このオルニチンという物質は、尿素回路を構成するために必要な物質の内の一つです。
このオルニチンという物質は、アルギニンという物質を分解した時に生成されるものであり、一般的にはアルギニンと水とが反応することによって尿素と共に生成されるものであり、カルバモイルリン酸という物質と反応することで「リン酸」などの物質に変化します。
このオルニチンは、アルギニンの代謝の時に重要な役割を果たす物質であると言われています。
また、このオルニチンを「人工タンパク質」の材料にしようとする研究が実際に行われていましたがオルニチンが「ラクタム化」という現象を引き起こしてしまったため、この段階以降のペプチド結合が作れなくなってしまったため、研究は失敗に終わり、現在研究は凍結されたままのようです。
このオルニチンという物質は、サプリメントなどでも使用されています。
また、このオルニチンは、「成長ホルモン誘導体」という役割をする物質であり、同じアミノ酸の一種であるアルギニンと共に、サプリメントに配合されることが多いようです。
この成長ホルモンというのは、どのようなものなのでしょうか?
まず、主要な成長ホルモンというものは191個のアミノ酸から出来ています。
また、この成長ホルモンは標的である器官に対して、直接働く場合と間接的に働く場合の二通りがあります。
直接働く場合は、そのまま直接成長ホルモンが作用しますが間接的に働く場合は、成長ホルモンが肝臓などに働きかけることによって、「IGF-1」という成分を分泌させることで、それらが標的器官に働きかけるという仕組みになっています。
また、この成長ホルモンは、成長に関する作用の他に代謝をコントロールする作用もあります。
この成長ホルモンというものも、他の成分や物質などと同様に分泌が不足していても、分泌が過剰であっても人体に良い結果はもたらしません。
分泌が不足してしまった場合は、「小人症」と呼ばれる症状を発症する可能性があります。
また、逆に分泌が過剰である場合は、「巨人症」と呼ばれる症状を発症してしまう可能性があります。
このように、オルニチンという物質は人体が成長するために必要なものであるため、非常に重要な物質になっていますがオルニチンの不足や過剰摂取がそのまま、成長ホルモンの不足と過剰分泌に繋がってしまうため、このオルニチン配合のサプリメントの使用には、注意が必要であると言えると思います。

■注目の情報

Copyright (C)2017食生活をシンプルにするサプリの力.All rights reserved.